月曜日のたわまん 幕張ベイパークブログ

幕張ベイパーククロスタワー&レジデンスの住民が発信する、住民目線の幕張ベイパーク情報ブログ

2020年02月

月曜日でないですが臨時に更新させていただきます!

先日の記事にてご紹介した幕張ベイパーク⇔海浜幕張駅間の導線改良についてです。

かねてから整備されていたスカイグランドタワー方面〜駅方面の通り抜け通路ですが2月中旬に開通いたしました!
DSC_2552
幕張ベイパーク側から海浜幕張駅方面

DSC_2553
園内通路との交差地点(自転車の通行にご注意ください)

DSC_2556
海浜幕張駅側から幕張ベイパーク方面

徒歩時分は表記上変わらないようですが体感的にかなり近くなりました。


また、幕張ベイパークのメインエントランス前に整備していた新しい交差点も、2月25日に開通しました!
DSC_2570
DSC_2542
DSC_2544
公園側から幕張ベイパーク方面

DSC_2559
幕張ベイパーク側から公園方面(開通直前に撮影)

DSC_2540
スロープは25日時点ではまだ作りかけでした

なおこれによりクロスタワー&レジデンスは駅から徒歩14分の表記になるようです! 

従来あったJA共済研修センター前の横断歩道は同日付けで封鎖されました。
DSC_2571
幕張ベイパークが「幕張三校」だった頃からの歴史ある横断歩道が使命を終えました


今日は近未来の話です。

幕張ベイパークの最寄り駅である海浜幕張駅。
この駅にはJR京葉線と、乗り入れてくる武蔵野線の列車が発着します。
京葉線はこれまで、新型車両の投入、防風柵の設置といった輸送品質の改善が続けられてきました。
今後も大規模な輸送品質の改善が計画されています。
・新習志野駅〜海浜幕張駅間の新駅設置

現在イオンモール幕張新都心がある付近に新駅を建設することが決定しています。

kokudo1
新駅予定地(千葉県ホームページより引用)
新駅の予定地ですが現在仮囲いのようなものがある他は建設の準備等は進められていないようです。

この新駅はイオンモールが1/2、千葉県、千葉市、JR東日本が1/6ずつを負担して建設される「請願駅」と呼ばれるものです。
こういった企業や自治体が費用を一部負担して駅が設置される例は昔から多数あり、近年だと武蔵野線の「越谷レイクタウン駅」や「吉川美南駅」などが同様の手法で設置されています。

当初2023年度末の開業を目指していましたが工法の変更等で2022年度末に前倒しできるかもしれないとのことです。

JR京葉線幕張新駅、開業前倒しへ 工期1年短縮(日本経済新聞)

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO55828350Z10C20A2L71000


新駅は幕張ベイパークとは離れているので、幕張ベイパーク住民が直接恩恵を受けることはないでしょう(むしろ東京方面との所要時間は現状より増すでしょう)。しかし、イオンモールや幕張メッセ、ZOZOマリンスタジアムへの用務客がある程度新駅を使うようになると思われますので、海浜幕張駅の混雑緩和に多少は寄与してくれるのではないでしょうか。

・京葉線とりんかい線の直通について

平成26年5月に千葉市が主体となって「JR京葉線・東京臨海高速鉄道りんかい線の相互直通運転促進に関する協議会」が設立されており、沿線自治体等の団体が集まり京葉線とりんかい線の相互直通運転に向けた調査・研究、鉄道事業者との協議等を行っています。
https://www.city.chiba.jp/toshi/toshi/kotsu/keiyou-rinkai-souchoku-kyougikai.html


現在りんかい線は大崎駅から埼京線へ直通していますので、実現すれば京葉線からお台場・渋谷・新宿・池袋等へ乗り換えなしで行くことができ、利便性が飛躍的に向上します。実はすでに京葉線とりんかい線は線路が繋がっており、団体臨時列車等では直通運転をした実績があります。
しかし京葉線とりんかい線は別々の会社であり、運賃体系が違います。
Suicaを利用した場合、自動的に最安の経路で運賃が計算されるため、大崎駅を含むJR線の駅で乗降してしまうとりんかい線の運賃が徴収できないという問題のため、物理的には可能でも何時までたっても実現していないのです。


一方で先日、このような新聞記事が出ました。

JR羽田新線 ディズニー直結へ 西ルート、中央線直通も(東京新聞)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202002/CK2020020802000258.html


JR東日本が計画中の「羽田空港アクセス線」のうち、りんかい線に直通させる「臨海部ルート」を、新木場駅から更に京葉線に直通させる計画であることが判明しました。
記事中にはディズニーリゾート最寄り駅の「舞浜駅と直結させる」とありますが、現状舞浜駅では列車の折り返し設備がありません。最低でも折り返し設備がある南船橋駅か西船橋駅まで行く必要があります。
また、新習志野駅・海浜幕張駅にも折り返し設備が存在します。
現状、南船橋駅の折り返し線はダイヤ混乱時を除き武蔵野線列車の折り返し専用となっていますし、ここでの折り返しはしないと思います。
東京駅~西船橋駅間の折り返しも武蔵野線不通時等に行われることがありますが定期列車は平日2往復のみです。

海浜幕張地域はリムジンバスの運行本数も多く、需要があるのは明らかですから海浜幕張駅折り返しを基本とした運行体制になればいいなと思います。
もっとも、開業の時期は一切示されておらず(一番最初に着手する「東山手ルート」が2029年ごろの予定)、また、前述した運賃の問題にも一切触れられていません。少なくとも10年以上先の話と思ったほうがよいでしょう。その頃には幕張ベイパークも成熟した街になっていることでしょう!

長くなりましたので続きは次回投稿させていただきます。

若葉住宅地区(幕張ベイパーク)において「小学校・公益施設用地」として確保されていながら利用方法が未定だった広大な土地があります。
幕張総合高校隣接地でB-4街区北側にある土地です。
wakabakaitei
(千葉県企業局ホームページより引用)

DSC_2492
当該の土地の現状

この土地は三井不動産レジデンシャルをはじめとするJV各社への売却の対象にはなっておらず、ずっと県有地のままです。
※これからマンションが建つ土地もまだ県有地で計画が進んでから売却される土地があります

当初の計画では街開きと共に小学校を新設する予定であったようですが、打瀬地区(幕張ベイタウン)の児童数が減少傾向にあることなどから、幕張ベイパークの街開きと同時に新設はせずベイパークの児童も打瀬小学校に通わせ、今後の状況を見て小学校の新設を検討する、という説明が2017年になされていました。

幕張ベイタウンニュース第240号


「公益施設」については2019年12月に海浜病院の移転候補地となっていると報道されるまで、私の知る限り特に言及されることはなかったです。

千葉市立海浜病院の建て替え 3候補地で検討(朝日新聞)

土地の利用方法が定まらない中、今月に入り植樹される等細かい動きがありました。

そして、このほど発表された千葉市の2020年度予算案において、現在美浜区磯辺三丁目にある「千葉市立海浜病院」の移転先、並びに新設小学校の建設地として利用することが表明されました。

千葉公園体育館に着工/幕張に新設小と新病院を/千葉市20年度予算案 一般会計4636億円(日本工業経済新聞社)


続きを読む

【お知らせ】
新型コロナウィルスの影響で中止が決定しました。


先日の「幕張ベイパーククリスマスイベント」を盛り上げてくれた幕張総合高校のシンフォニックオーケストラ部が、3/14,15にスプリングコンサートを開催します!!
DSC_1176
DSC_1182

続きを読む

【4/17 お知らせ】
新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、プロ野球の開幕は延期、時期未定となりました。
また、ZOZOマリンスタジアムで予定されていた横浜DeNAベイスターズ主催試合は、横浜スタジアムでの開催に変更となりました。
こちらの記事は社会情勢の悪化前に書いたものです。


幕張ベイパークから程近いところに千葉ロッテマリーンズが本拠地とするプロ野球開催球場「ZOZOマリンスタジアム」があります!
DSC_0387
DSC_0391
DSC_0403

先日、2020年シーズンのプロ野球日程が試合開始時刻を含めて発表されましたのでお知らせいたします!
続きを読む

↑このページのトップヘ