月曜日のたわまん 幕張ベイパークブログ

幕張ベイパーククロスタワー&レジデンスの住民が発信する、住民目線の幕張ベイパーク情報ブログ

カテゴリ: ごあいさつ、自己紹介

先日いよいよスカイグランドタワーの入居が始まりました!
ご契約されたみなさま、誠におめでとうございます!

私は幕張ベイパークのファーストプロジェクトであったクロスタワー&レジデンスの住民として、工事初期からその姿を間近で見守ってきましたが、無事に竣工し入居の日を迎えられたことをとてもうれしく思っています。
FullSizeRender
(平成31年3月26日撮影)

FullSizeRender
(平成31年3月28日撮影)

FullSizeRender
(平成31年4月10日撮影)

クロスタワー入居時はまだまだ背が低いなあ、なんて思っていましたが、2台のタワークレーンの力によりみるみるうちに背を伸ばしていき、あっという間に千葉県最高峰のタワーマンションが幕張の空高く築き上げられました。
FullSizeRender
FullSizeRender
(以上、令和元年8月29日撮影)

FullSizeRender
(令和元年12月17日撮影)

FullSizeRender
(令和元年12月22日撮影)


FullSizeRender
(令和元年12月23日撮影)

3F059FBE-4176-4DC8-B3BF-D7974F61C5F8
(令和2年2月27日撮影)

IMG_0367
(令和2年6月21日撮影)

まるで子供の成長を見守るような気持ちになりました。感慨深い気持ちです。

スカイグランドタワー入居開始が近づくにつれて、住民や契約者、幕張ベイパークを訪れた方等によるTwitter等での情報発信は更に活発になり、有益な情報交換の場がますます広がっています。
クロスタワー&レジデンスに住まわれる方も、スカイグランドタワーに住まわれる方も、幕張ベイパークという一つの街を共に愛し、共に協力し合い、街の成長と共に生きていくと確信しています。

私もブログやTwitter等を通じて、幕張ベイパーク内外の多様な方と知り合うことができ、様々な知見を得ることができました。本当にありがとうございます。
新たに幕張ベイパークの住民になった皆様と交流を深め、共に街を盛り上げていければいいなと思います。

幕張ベイパーク及び近隣ではこれからもB-3街区タワーマンション、B-5街区シニアレジデンス、京葉線新駅、新改札口、海浜病院の移転、小学校の新設等、大きな開発が続き、目が離せない状況が続きます。
このブログのコンセプトである、街の成長を見守りつつわずかでも力になれることがあればという思いは、ずっと変わりません。当ブログでは幕張ベイパークやその周辺の情報収集・発信をこれからも続けてまいります。
月曜日のたわまん 幕張ベイパークブログを、これからもよろしくお願いいたします!

令和3年3月1日 月曜日のたわまん

IMG_1387
(令和3年2月24日撮影)

早いもので令和元年11月4日にブログを開設し1年を迎えました。
最初はTwitterのフォロワーも10数名、記事を書いてもアクセスはいいとこ2桁前半という状態だったブログも、お陰様でフォロワー数662名、ブログは毎日3桁台のアクセスをいただいております。
1年間続けてこれたのも記事を楽しみにしてくださる読者の皆様のお陰です。
また、このブログを通じて様々な方と出会うことができました。
本当にありがとうございます。

幕張ベイパークのこの1年間は、様々なイベントで盛り上がったり、未開発の土地に新たな動きがあったりと、様々なことがありました。
新型コロナウイルスによる打撃は今も続いており、幕張ベイパークにも様々な影響を及ぼしました。
一方でコロナ禍による新しいライフスタイルから幕張ベイパークに目を向けている方も多いようです。

そしていよいよセカンドプロジェクトのスカイグランドタワーの完成が目前に迫っています。
新たに1000人を超える人が幕張ベイパークに住まうことになり、街に更なる活気が生まれることでしょう。
スカイグランドタワー契約者の皆様が駐車場の選定に頭を悩ませたり、内覧会に期待を膨らませていたり、インテリアにどこまで手を加えようか迷っていたり、物欲と戦っていたり…
私がクロスタワー&レジデンスを契約し入居を待っていた頃を思い出して懐かしい気分になっています。

Twitter上では、住民や契約者、幕張ベイパークを訪れる人等による情報発信、情報交換が活発に行われるようになりました。
その様子をみてこの街は住民たちが共に協力し成長していくと確信しました。

私も引き続きクロスタワー&レジデンスに住まう一住民として、街の成長を見守りつつわずかでも力になれることがあればという思いで、情報を発信していきます。
2年目の「月曜日のたわまん」もよろしくお願いいたします。

令和2年11月4日 月曜日のたわまん
IMG_0279

こんにちは。
まもなく30代になってしまう月曜日のたわまんです。
20代でタワマンを買うという一大決心をしてはや2年、今回の記事では私が20代で本当にタワマンで暮らせているのか経験談に基づいてお話したいと思います。


私がクロスタワー&レジデンスを契約したときの大まかな情報です。
・年齢 27歳
・独身、結婚や同棲の予定なし、親族の同居もなし
・年収 500万円台前半
・貯金 ないしょ
・賃貸アパート暮らし6年目


【何でマンション買おうと思った?】
色々理由はありますが以前住んでいたアパート(総武線幕張駅近辺)が25平米くらいと狭くて物が溢れている状態だったこと。
子供の頃は社宅住まいが長く自分の部屋が与えられずずっと広い家に住みたい願望を持っていたこと。
マンションを買った友人が楽しそうに暮らしているのが羨ましかったこと。
その友人が購入を後押ししてくれたこと。
このあたりです。

マンションなんて普通は家族と住むものですが生憎結婚の見込みがまったくありませんでした。
これじゃいつまでも買えないままだしもう一人で住んでやる!といった感じです。
背中を押してくれた友人も独身でマンション買ってて、上手くいってる姿を見たのも心強かったです。

2LDKでも良かったのですが見に行ったときはもう残って無かったので3LDKを買いました。
低層階でも良いかなと思っていたんですが高層階もそんなに値段が変わらなかったのとモデルルームの眺望シミュレーターにやられました…
モデルルームは魔法にかけられてしまいます。覚悟して足を運ぶべきだと思いました。笑

【何で幕張ベイパーク?】
千葉ロッテマリーンズの熱烈ファンで年間50試合以上観戦していたので、住むなら幕張しか無い!と思っていたからです。
一人暮らしを始めたときは総武線幕張駅近辺を選んだのですがこれは幕張ベイタウンの単身者向け物件が駅から遠い上に家賃が高くて就職してから間もない20代前半の私には到底払えるものではなかったからです。
狭いアパートで我慢しながら、20代後半になりある程度貯蓄ができてきたところで広いマンションの購入に踏み切ったのです。

【ぶっちゃけ、月々いくら掛かる?】
物件価格は概ね5000万円。全額を住宅ローンで借り入れました。
月々の返済額は、約10万円。それとは別に夏冬のボーナス時期に約15万円です。
これに加えて管理費及び修繕積立金が毎月3万円ちょっとかかってきます。
固定資産税は階層や広さにもよりますが、約75平米のお部屋の場合年額15万円強でした。
というわけで、物件に対して支払っていくお金は月々換算で約17万円といったところです。

なお固定資産税は5年間の軽減措置が適用された金額です。6年目以降約2倍になります。
また、修繕積立金は最初は抑えられているのが一般的で段々値上げされていきます。この点は留意しておく必要があります。

【ほかにかかるお金は?】
物件を契約するときに絶対に必要なものが「手付金」です。
一般的に物件価格の1割(交渉による)を売主に一括で納めることになります。これを納めることができないと契約することができません。フルローンで借りる場合もです。
納めた手付金は引き渡しの際に物件価格および諸費用に充当されます。
ですから5000万円の物件の場合500万円の現金を用意しなければなりません。
手付金は基本的に金融機関から借りることはできないので自分で何とかするしかありません(;´Д`)

諸費用とは物件の登記にかかる費用や、ローンの保証にかかる費用、初回のみの修繕積立金基金等になります。
どの金融機関で借りるかにもよりますが私の場合約200万円ほどです。私の場合物件価格の全額を借りたため手付金と相殺された約300万円が、後日(物件引き渡しから1~2週間後)売主より返金されました。
ちなみにこの「諸費用」は金融機関にもよりますが住宅ローンに含めることができます。

【生活きつくないの?】
とりあえずローンを支払いつつも少しずつ貯蓄できています。数ヶ月に一回大規模に浪費しますが…
まあ、家賃と違っていつか支払いが終わって自分の資産になるものです!
家庭を持っている場合は共働きじゃないと難しいと思います。

あと個人的には「繰り上げ返済」は10年間は考えないほうがいいと思います。
住宅ローンはいわゆる「借金」ではかなりの低金利です。それをわざわざ早めに返すことはないです。
これで後で子供の教育資金が足りないから教育ローン借りたりとかすると余計に高くつきます。
また、10年間は住宅ローン控除を受けることができるため借入残高の最大1割、年間40万円までの所得税と住民税が後で返ってきます。
「期限の利益」を最大限享受すること、住宅ローン控除をフル活用することという観点で繰り上げ返済はおすすめしません。
※住宅ローン控除は3年間の延長が検討されていますが現時点では未確定です

いかがでしょうか。都心のタワマンじゃそうはいかないと思いますが幕張なら頑張れば高層階の広々とした部屋を20代でも手に入れることができます。
DSC_3978
DSC_3320
DSC_3091
DSC_0715

月17万円の支払いはきつい?と思いますが家賃と違い後々自分の資産になっていくものです。
一番のネックは手付金を現金で用意することでしょうか。こればっかりは本当に、どうにかして用意してください…
あとは金融機関がどれだけ貸してくれるかでしょう。私の場合全額貸してくれる銀行がありましたけどネット銀行等は厳しくて1000万円の減額とかありました。金利で勝負しているところは仕方ないみたいです。
貸してくれればこっちのものです。万一怪我や病気で働けなくなったらローンに付帯されている「団体信用生命保険」というもので何とかなることがあります。こちらも銀行によって商品性が大きく変わってきたりしますのでよーく比較検討してみなければなりません。住宅ローンはある意味生命保険の代わりにもなり得るのです。
あとは、本当にダメなときに売れるお部屋を選択することが肝要です。私は不動産のプロではないのでこの部屋がいいよ!なんてお勧めすることはできませんが、絶対に失敗したくない方はいくらかお金はかかるでしょうが売主ではないその道のプロの方にお尋ねするのがいいと思います。別に回し者ではないですけど「マンションマニア」さんとか「のらえもん」さんとかいろいろな人がいます。

必要なのは「勢い」と「覚悟」と「知識」です。

ブログ主の自己紹介です。

平成2年生まれの男性。独身。
27歳のとき、ふと興味が湧いて訪れた幕張ベイパークマンションミュージアムで心を奪われクロスタワー&レジデンスを契約しました。平成31年3月より幕張ベイパーククロスタワー&レジデンス在住。
普通の会社員。不動産業界および金融業界ではありません。
特技は電車でGO!(プロフェッショナル級)
好きなものは仕事と旅行と料理とお酒と野球と温泉。

千葉ロッテマリーンズファン。
2シーターオープンのメルセデスベンツ SLC200でドライブを楽しんでいます。


このブログは個人の趣味として活動しているものであり、行政機関、不動産業者、金融機関、近隣の店舗等とは一切関係ありません。
お問い合わせはTwitterにてお願いいたします。

DSC_0774

平成31年4月、6棟のタワーマンションを含む4500戸余りの住宅開発プロジェクト「幕張ベイパーク」が街開きをしました。
ファーストプロジェクトであるクロスタワー&レジデンスに住まう一住民として、街の成長を見守りつつわずかでも力になれることがあればという思いでブログでの情報発信をはじめます。
ブログ主は不動産業界、金融業界の人間ではありません。あくまで住民目線で幕張ベイパークの魅力や情報をお伝えしていきます。
毎週月曜日更新予定です。それ以外の曜日にも更新するかもしれません。

Twitterでは随時幕張ベイパーク関連の投稿をフォロー、リツイートさせていただくことがあります。

どうぞよろしくお願いいたします。

令和元年11月 月曜日のたわまん


DSC_7214

↑このページのトップヘ